生産性を向上させるマテハン機器について

大型の倉庫


スマートフォンが普及し、インターネット利用が当たり前のようになった昨今は、通信販売の利用が増えています。これによって、物流のニーズが高まっています。物流に大きく関係する業界はさらなる成長のために、業務の効率化に努めています。物流業務は、商品を消費者に届ける輸送だけではなく、保管、荷役、包装、流通加工、情報処理の計6つの機能を内包しています。消費者の元へスムーズに商品を届けるために、この6つの機能を最適化する「ロジスティクス」が望まれます。

ロジスティクスを叶えるマテハン機器

物流業界では、ロジスティクスの観点から、「マテリアルハンドリング」(マテハン)が重要な位置を占めると考えられています。 マテリアルハンドリングとは、機械を用いて生産拠点や物流拠点内の原材料、仕掛品、完成品等の移動に生じる負担を最小限に抑えることを意味します。つまり、マテリアルハンドリングを実行することがロジスティクスを叶え、生産性を高めることに繋がります。

マテリアルハンドリングの実行にあたり使用される機器は、「マテハン機器」と呼ばれます。物流を担う業界においても、マテハン機器の導入によって物流業務がスムーズに進行することから、マテハン機器の導入が勧められています。

マテハン機器が役立つシーンと使用される機器の例

マテハン機器は、シーンにより異なる様々な機器が存在します。以下に例を提示します。

<運搬目的で使われる機器>

商品の移動にかかる時間や労力を減らすために使われる機器で、フォークリフトやコンベア、垂直輸送機等が該当します。

<仕分け目的で使われる機器>

商品を正しく、スピーディーに消費者の元へ届けるためには、商品を正しく移動させる必要があります。その際に使われる機器で、ソーターやピッキングカート等が該当します。

<保管目的で使われる機器>

すぐに消費者の元へ届けることのない商品は保管しなければなりません。その際の負担を軽減するために使われる機器で、自動倉庫や移動棚等が該当します。

<情報整理目的で使われる機器>

商品の移動先や仕分け方、保管場所等が把握できていなければ、物流業務の進行が滞ります。情報の整理が欠かせません。情報整理に使われるためのマテハン機器も存在し、ハンディターミナルや倉庫管理システム等が該当します。

以上、運搬や仕分け、保管、情報整理等のシーンで適切なマテハン機器を使用することで、物流業務に伴う労力の削減や、業務時間の短縮に繋がります。業務が効率化されることで、人件費をはじめとしたコストの削減ができ、さらに生産性の向上というメリットが見込めます。物流に関わっている各企業には、導入が望まれるマテハン機器を洗い出し、優先度を設定して、物流業務が効率的に展開される環境を徐々に作り上げることが勧められます。少しずつでも必要なマテハン機器を導入しましょう。マテハン機器は、こちらのようなマテハン・物流機器専門の通販ショップで購入できます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL