印刷費用を削減するには?インクやショップの選び方

プリンタを使用するビジネスマン


オフィスで仕事をしていると、書類や資料を印刷する機会が多くあります。当たり前のように印刷をしていても、ここには費用が発生しています。書類や資料の印刷にかかる費用は企業によって大きく差が出ます。その理由の1つに、インク代が大きく違うことが挙げられます。印刷の時に使用するインクによって、費用に大きな差が生じるのです。

インクの価格に差がある理由

印刷費用を抑えるために、近年はインクカートリッジではなく、トナーカートリッジを使用する企業が増えています。インクカートリッジとトナーカートリッジは性能が異なり、用紙1枚あたりの印刷費用はトナーカートリッジのほうが安価です。また、性能が異なるといってもカラープリント時の話なので、写真やイラストを綺麗にプリントしたいなどの事情がなければ気にするほどではありません。

トナーカートリッジにも、純正品、リサイクル品、互換品の3種類があります。こちらもそれぞれ性能に違いがあり、純正品>リサイクル品>互換品の順に優れています。反対に、費用は互換品>リサイクル品>純正品の順に安価です。

企業の場合、品質も費用もないがしろにできません。どちらも考慮してリサイクル品(リサイクルトナー)を選ぶ企業が多いです。使用が終わったトナーカートリッジを回収し、洗浄した後に再度トナーを充填したトナーカートリッジで、環境にも配慮された商品です。

以前のリサイクルトナーは、初期不良や不具合が起きやすいという問題がありました。しかし、現在は品質が向上しており、純正品に近い品質の商品も多く出回っているため、安心して利用できます。

一方で、商品によっては未だに初期不良や不具合が起こりやすいため、購入する商品は慎重に選ぶ必要があります。

リサイクルトナーの選び方

リサイクルトナーを購入する際は、品質管理基準を満たしたと認められている商品を選ぶことで、初期不良や不具合に悩まされにくいです。例えば、品質管理基準の中でも特に厳格な「STMC」や「E&Q」に認定されている商品は、安心して使用できると言われています。

商品だけではなく、利用するショップ選びも重要です。優れた製造工場で作られたリサイクルトナーであっても、純正品に比べると初期不良や不具合が生じる可能性はどうしても高くなります。

リサイクルトナーを取り扱っているショップには、初期不良や不具合が生じた時、迅速に適切なサポートをしてくれる場所もあります。例えば、テクノマートは購入から1年以内であれば、トラブルが発生した場合にカートリッジを交換してくれます。また、リサイクルトナーの使用が原因でプリンタ本体が故障した場合、修理費用を負担してくれる「プリンタ本体の保証」にも対応しています。

このように、サポートがしっかりとしているショップであれば、安心してリサイクルトナーを購入できます。いざという時を考えて、サポート体制が整っているショップから購入してください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL